働く女性が万が一の病気のときのことを考えて保険に入る場合、ライフステージに合わせて選ぶ計画性が大切です。
就職して働き始めた独身のときはそれほどお金もなく、いざ医療費がかかったときのことが心配になります。そこで、お金も貯めておきたいと考えたら貯蓄型の保険を選ぶのが賢明です。払い終えてしまえば貯蓄になる死亡保障として両親などへ心配をかけないための選択肢として有用でしょう。
また、定期型のものに加入しておくことでいつでも見直しができるようにしておくことも重要です。終身型にしてしまうとこれから結婚してライフプランが変わると他の保障内容の方が良いということもありえます。まだこれからの生活が大きく変化する可能性が高い独身のうちは、掛け捨てでも定期型の方が良いのです。
一方、結婚をしたら保険の見直しをすることが大切です。必要があるかどうかという点から考え始めた方が良いですが、加入が必要だと考えたら終身型を選ぶのが良いでしょう。保険料が安いことが多く、家計の負担を減らせる方法です。
しかし、これからまた退職して専業主婦になる可能性があるという場合や、一度退職してから再就職することを考えている場合には、定期型にしておいた方が柔軟に対応できて良いです。
結婚してからはライフプランに応じて適切なタイプの保険を選ぶと良いでしょう。男性とは異なり、仕事との付き合い方が変化しやすい女性は保険の選び方に注意しておくほうがいいでしょう。